ドアをノックするのは

神戸市須磨区の改修工事の現場

神戸市須磨区のリノベーション工事

神戸市須磨区で行なっている改修工事の様子。

解体も終わり、
大工さんがフロアを貼る準備をしております。

高さの調整をしながら
一足先に玄関土間がスッキリしました。

来週には柱がたって壁の下地ができはじめる予定です。

 

 

 

ドアをノックするのは

須磨区の現場にいてると、
15時くらいに扉をノックする音が聞こえてきます。

おむかえに住まれている方が
お茶と甘いものをもって来てくれるんです。

恐縮しながらも、
いつもいただいちゃっていますが

ご近所づきあいは
そこに住まう方だけではなくて
出入りする方にまでおよぶようです。

昨日は、
「家が、町と一緒に歳をとって— 」と、書きましたが
町や家はおろか、
そこに住まう人々によって
町自体やコミュニティーが形成されていくんだなと感じました。

 

 

活き活きした町

新しい町じゃないけど、
すごくパワーがあって
町が活き活きとしているように見えるんです。

その中で改修工事させていただける
有り難い機会のなので
絶対にいいお家にしたいと思います。

The following two tabs change content below.
hirose

hirose

一生に一度のお家づくり。 絶対に満足していただきたいと思っています。 お施主さま一人ひとりが、憧れているお家やその暮らしをチームダイシンビルドで実現いたします。 次の世代まで住み継いでいける性能と、住み継ぎたくなるデザインのお家を、チームダイシンビルドと一緒につくっていきましょう。