2018年 8月 の投稿一覧

チームダイシンビルド

検察側の罪人

先日、仕事終わりに映画を見にいきました。
僕は仕事帰りに
職場から10分の映画館によくレイトショーを見にいきます。

見てきたのは、原田眞人監督「検察側の罪人」です。
めちゃくちゃ面白い映画だったんですが、
SMAPが解散してからはじめての木村拓也主演映画ですよね。
いろんな意味で重い作品だろうなと思いながらも
実際見てみるとやはりズシンと重い。

ただ作品の伝えようとするメッセージの明快さと
抜群のキャスティングの上手さに
上映時間123分があっという間でした。

是枝監督の「万引き家族」の
花火の見えない家の縁側に集まる家族のあの画のように
ラストカットのバルコニーでハーモニカをもつ木村拓也と
険しい山道を進み始めた二宮をひとつの 画角おさめるこの画の完璧さに
メッセージの伝え方の奥深さを感じました。

巷では「カメラを止めるな!」が話題になってますが
僕には「検察側の罪人」の方が話題になるような気がします。
役者の迫力ってのは、やっぱり演じる本人に引っ張られるんでしょうね。

僕たちがさせていただくお家づくりのお手伝いも
工務店のスタッフや大工さん・職人さん一人ひとりの
影響も少しずつ受けて出来上がっていくものですから
そういうものに恥じないように行動していかないといけませんね。

もっと、
チームダイシンビルドをみてもらえるように
ブログ更新していきます!

逆瀬川の家で階段打合せ

逆瀬川の家で階段打合せ

毎日暑いですね。
朝の6時7時くらいはたまに涼しい日もありますが、
今日も現場は酷暑、です。

本日は、逆瀬川の家の工事現場では
階段打合せをさせていただきました。

個人的な考え方かもしれませんが
家づくりにおける現場のど真ん中には大工さんがいて
その大工さん(大工工事)から各箇所・各業者・各職人さんへ
バトンが渡され次の走者へつないでいくのが僕の家づくりのイメージです。

この写真は、そのバトンを渡す瞬間です。
お施主さまとの打合せや、図面だけではお家は出来上がりません。

こういうバトンタッチの連続で
お家づくりが少しずつ形になっていくと思うんですよね。

住之江区のリフォーム工事が終わりました!

住之江区リフォーム工事

いつものお家づくりと並行して
レンタカー屋さんのリフォーム工事のお手伝いをさせていただきました!

お家づくりと違い、
利用される方の使い方だけではなく、
感じ方や演出の仕方まで考えて計画されています。

お家づくりとはひと味ちがって、お仕事ながら多々勉強させていただきました。
無事にお引渡しも終わり、ひと安心です。

お施主さま、設計士さん、
工事にたずさわっていただいたみなさん、
ありがとうございました!