住宅

T様邸ご契約 in川西市

IMG_3481

兵庫県川西市で新築予定のT様ついにご契約となりました。

元々、兵庫県川西市で土地は購入されていたので

あとはどんな「お家」を造りたいのか?ということだけでした。

弊社を選ばれているので

当然、高断熱高気密住宅をご希望。

快適なお家は間違いありませんが

T様は、妥協知らずなので外部窓に関しても

僕よりもすごい細かく悩まれています。

(本来は、僕が悩まないといけない気がしないでも・・・・。)

僕が会ったお客さんでダイシンビルドで家造りをされた方で

快適ではないと言われた方はいません。

だから正直、快適性に関しては、自信がありましたが

T様から質問されるとこれぐらいこだわらないといけないと

反省させられました。

色々とプランも提案したのですが、納得してもらえなく

最終的には、お施主様が考えたプランを元に・・・・と思っていたら

僕が途中で考えたプランが元になっていました!!

少しホッとしました。笑

 

契約時も、3時間を越える濃い打合せ。

イメージしてもらうために、CGパースを駆使し必死に説明します。

その間、双子のお子様は、事務所の杉板無垢フローリングに寝転んでいます。

IMG_3478

あまり事務所部分はキレイではないのですが

気が付いたら・・・・。

 

今回の兵庫県川西市で建築予定のT様邸は

外壁全面、ガルバ貼!!!

そして屋根は、タニタのエコテクノルーフ!!

http://www.tanita-hw.co.jp/product/md2-sid99.html

新住協のモニター募集を利用して、通常価格よりも安くで施工出来ます。

このエコテクノルーフは、メーカーの説明では、メンテナンス不要の屋根材。

そして、太陽光パネルも付いちゃう←この順番が大事。

あくまでも屋根材。

楽しみです。

里山ヴァンガードハウス|堀部安嗣さんと一年点検

IMG_0369

久しぶりに里山住宅博へ
本日は、
里山住宅博ヴァンガードハウスの1年点検でした。

朝からボスと三田へ向かい、
点検は堀部安嗣さんと、
堀部安嗣設計事務所の所員さんと一緒に行ないました。

 

堀部安嗣さんと一年点検
点検の中では、
断熱気密の話や暮らし方の話など
いろんな話が聞けて終始感激しっきり、でした。

お家の性能と暮らし方。

頭の中で考えること、
形になって感じること、
住んでからわかること、
そこから生まれる新しい暮らし方。

その関係性が本当に面白くて
ヴァンガードハウスだけじゃなく、
どんなお家だって、世界に一つだけ、なんだなと
暮らし方も含めて
改めて感じれる時間でした。

家づくりはずっと続く、とは思っていたけど
続く、というか暮らし方が状況や環境に応じて
どんどん変化成長していくような感じがしました。

お家と住まう方とがそうやってかかわり合い続けると
より愛着が生まれて、お家ももっと長生きするんでしょうね。

きっとお庭も同じですよね。

 

ずいぶん変わった町の様相
最後に里山に来てから時間が経過してるので
町の様相もずいぶん変わり、
自分のもっていた印象も変わったところもありました。

すでに住まわれている方にも
思い切って話かけてみて
住まわれてる感想を聞かせてもらいました。

思いっきりかかわらせていただいた分、
なんか大胆になっているのかもしれませんね笑

街区工事については、
また改めてご報告させていただきます!

 

コンパクトハウスin京都府大山崎町

コンパクトだけど充実した空間に住む家。

今回の新築のおウチはそのような家。

 

崖対策による地盤改良工事も終わり

本格的に基礎工事です。

kiso (1)

建物位置を正確に、測っています。

「糸一本分右!」

細かいですが、

建物の配置が申請図書と違うとやり直しです。

とても重要な作業。

kiso (2)

土を掘り次は防湿シートを貼っていきます。

これで土からの湿気が床に入って来なくなります。

 

いつもは地鎮祭を行い、鎮め物をその場で貰うのですが、

今回は、お施主様自らが神社に足を運びお祈りをしてもらいました。

、、、、はっ!鎮め物!!

と、危うく忘れるところでしたが

間に合いました。

kiso (3)

というか基礎屋さんの仕事が早すぎる!

予定では防湿シートまだ先でしたが

スムーズ過ぎるほど工程が進んでいます。

kiso (4)

ちゃんと切った防湿シートはテープで貼り合わせ。

IMG_3244

土から出ている棒は捨てコンのレベル合わせのため。

基礎は、家の土台になるので、正確さが求められます。

弊社のお願いしている基礎屋さんは、

一般的な業者より単価が高いですが

その分いい仕事してくれます。

仕事柄しょうがないですが

よく他社と値段の比較をされます。

しかし、このようなことは、お客様には説明できません。

(まぁ僕が口ベタなせいもあるかもしれませんが)

値段では見えないものがあります。

kiso (5)

そして捨てコンを打ちます。

kiso (6)

その上に鉄筋を組んでいきます。

型枠も。

kiso (7)

ちゃんと図面通り施工できてるチェック!!

kiso (8)

そしてドキドキの配筋検査。

弊社は、建設性能評価を全物件、申請しているので

配筋、建方、断熱、完了の4回検査があります。

その4回とも第三者の検査機関がチェックをします。

kiso (9)

目視で。

kiso (10)

測って。

 

いつもなぜかドキドキします。

検査は無事合格。

これで次の行程に進めます。

kiso (11)

天気が悪いですがコンクリートの打設が予定通り出来るかな。。

晴れ男パワー発揮できるだろうか。。。

 

 

 

京田辺市S様邸リノベーション工事|打合せ

S__3260418

京田辺にてリノベーション工事の打合せ
今日は京田辺市にて
リノベーション工事を計画中のS様と打合せ。

見積もりを提出させていただきました。

打合せ途中、床下をのぞかせていただきました。
リノベーション工事は
現状で確認できるところと確認できないところがありまして
どうしても不確定なままなところが出てきてしまいます。

S様邸は床下は見れる状態とのことだったので
見させていただきました。

ここ見ておくと、
工事時に準備するものや
事前に考えられることが増えます。
床して見せていただき、
S様ありがとうございました。

 

 

お子さまと一緒に
僕らがのぞいていると
お施主さまのお子さまが一緒になって
床下をのぞいておりました。

考えてみると、
僕がお子さまと同じ年の頃には
お家の床下をのぞいたことなんてなかったな、と。

今日の打合せ中、
お庭で遊んでいたお子さまが縁側から
障子を開けて打合せしているリビングに走りこんできます。
外ではゴロゴロゴロゴロと空が鳴ってて、
雨が降ってきたようで
それで走りこんできたみたいなんですが、
なにか僕は、
その動きがとても羨ましなと感じていました。

 
家は一戸建てがいい
僕はこれまで何度か引っ越してきましたが
マンションばかりで
よく考えると庭で洗濯物を干したり
土をいじったり虫を採ったりしたこともないし、
床下をのぞいたりもしたこともありませんでした。

今日は、
家は一戸建てがいいなと、改めて思いました。

京都府大山崎町 新築工事開始

2017-06-27杭工事 (4)

京都府大山崎町で新築工事がようやく開始となりました。

地盤調査の結果はよかったのですが、敷地のすぐ後ろが崖になっています。

行政によって「がけ条例」というものがあり、

擁壁の仕様や高さにより、様々な対策をしないといけませんが

今回は、色々調べたのですが杭工事をしなければいけません。

京都府大山崎町でも、必要なので

別件の京都府長岡京市で新築を計画している案件がありますが

そちらも後ろの擁壁が・・・!!

調査したのですが、そちらもやはり必要。

ちなみにどちらもお施主様はS様。

イニシャルSが続きます。

 

今回の京都府大山崎町の案件は、敷地自体もそこまで大きくないですが

そこまでの道のりも狭いのですがなんとか杭工事用の車両は

搬入出来ました。

2017-06-27杭工事 (6)

ご近所の方には迷惑お掛けしますが

皆様、いい人そうなのでよかったです。

2017-06-27杭工事 (2)

いよいよ始まった工事。

もうすでに完成が楽しみです。

大山崎町 無垢フローリング

IMG_3122

大山崎町のS様邸。

仕様や棚の位置がほぼほぼ決まってきました。

お施主様自体が、設計を営まれている方なので

プランが決定してから仕様や細かい造作の形状等が決まるのが早かったです。

工務店の設計としてどこか、メンテナンスや施工の効率性、そして何よりコスト面で意匠を考えがちですが

大山崎町のS様とプランや仕様を検討していくと

自分の固くなった頭を柔らかくして頂いているような気持ちになります。

大山崎町のS様は、普段古民家の改修をされているので

新築と違い様々な制限の中で設計されています。

だからすごくスケール感を上手くプランしているなと思います。

ぜひ、見学会を行うときは必見です!!

 

大山崎町で個人設計事務所を営まれているS様とダイシンビルドがコラボする日も近いのではないでしょうか?

 

そんなS様邸で使用する無垢フローリングはいつもの杉材ではなく、ナラ材。

杉のように柔らかくは無いですが、

ちょうどいい木の表情がそそります。

 

試しに、自家製のミツロウワックスで塗ってみるといい感じになりました!

楽しみです!

 

エコウィンハイブリッドの評価

IMG_2991

先日、エコウィンハイブリッドを設置した

お客様より、可愛らしい写真が届きました。

早速、お子様のオモチャになっています。

 

若干、パネル部分が、冬は熱く、夏は冷たくなっていますが

お子様が触られても問題ないです!!

エコウィンハイブリッドは画期的な冷暖房器具だと思います。

 

この季節だと、エアコンの温度設定よりも

室内の温度が下がるとのことです。

初期費用はかかりますが

その後のランニングコストだったり

エアコンの嫌な〜風が当たらなくなるのであれば

むちゃくちゃいい商品だと思います。

 

夏の暑い時期にお家にお伺いしようと思っていますので

またエコウィンハイブリッドの評価をブログに書くのでチェックしてください。

大阪の戸建では初のエコウィンハイブリッド設置

IMG_2942

大阪の戸建住宅では、初めての設置。

その名もエコウィンハイブリッド!!

 

弊社にお家を数年前に建築されたのですが

快適性を求められて弊社に相談がありました。

断熱改修をすれば当然快適性は、間違いなくあがりますが、

僕が反対しました。心の中で。

なんせカッコいいお家!

あまり手を付け加えたくありませんでした。

けど快適性も、、、と悩んでいたら

社長からの提案で「エコウィンハイブリッド」に着目!!

 

一緒にお施主さんと機械を実際に見に行って

コレで行こうとなりました!

普通にしたら、再度は金属加工でしたが

カッコいいお家だったので木材で枠を作ってもらいました!

 

「エコウィンハイブリッド」は、

エアコンと連動させて輻射熱によって部屋を暖かくしたり、なんと夏を涼しくすることもできます!

オイルヒーターなどの機械もありますが暖かくするだけ。

夏の快適性も向上するので

正直、僕の家にも設置したいぐらい。

 

色々と設置条件があるので、僕の家には付けるのは難しそう。

コンパクトハウス vol.2

a2_20170420

設計事務所のお施主さんと一緒に建てるコンパクトハウス。

ダイシンビルドで建ててきた中で一番小さい面積になります。

けど、けど、けど

むっちゃいいプランです。

設計事務所の方で、自分の要望で建てられるので

空間のサイズ感や、動線の考え方、素材のこだわり等々

分かっておられるので、コンパクトハウスですが

いい「お家」で快適な暮らしを創造してしまいます。

 

お施主様とはすごい気が合うので(←こっちが勝手に思っているだけですが)

話が盛り上がり過ぎて予定の時間を毎回超えてしまいます。

けど楽しいからいいんです。

 

この仕事しているとお客さんと話を色々しますが

実際に建つと思うと打合せが楽しくてしょうがないです。

 

ちなみに写真は、今回のコンパクトハウスの「写真」じゃなくて「CG」です。

前職でCGもされていたらしく・・・この技術うらやましすぎます!!

 

ぜひ、オシャレに過ごされたい方は、S様設計事務所×ダイシンビルドのコラボで

お家を建ててみませんか?

設計事務所とコラボでコンパクトハウス

S__30851087

大山崎町で新築予定のS様。

お施主様自体が設計を生業にされている方で

打合せも、新しい住宅のことそっちのけで

「設計あるある」や「建築あるある」の話で盛り上がってしまいます。

ちゃんと新築の話も当然しますが。

今回のお家は、敷地条件からすごい延床面積が限定された範囲で

コンパクトハウスでプランを立てなければいけません。

おそらく、僕が設計をして、お客さんがいたらものすごい時間がかかったと思います。

建てられる面積が小さいので、モジュールはほぼ当てはまらず、

本当に必要な空間か、無駄な空間がないか検討しなければなりません。

ただ今回は、お施主様自身が設計をされるので

家族の要望やそれに対して出来る出来ない等も含めて理解されているので早いです。

毎回出てくるコンパクトハウスのプランに感動してしまうので、楽しみにしています。

ご自身のお仕事が忙しくなってきたので申請等の業務の設計契約はさせて頂きましたが

今から完成するのが待ち遠しくなります。

仕様に関しても、ダイシンビルドの標準から少し換えることになりそうです。

まだプラン固まっていないですがサンプルを取り寄せて検討中です。

ぜひ、完成見学会をするときには、色々なお客さんに見て欲しいと思います。

 

毎回、おいしいコーヒーありがとうございます。