コンパクトハウスin京都府大山崎町

コンパクトだけど充実した空間に住む家。

今回の新築のおウチはそのような家。

 

崖対策による地盤改良工事も終わり

本格的に基礎工事です。

kiso (1)

建物位置を正確に、測っています。

「糸一本分右!」

細かいですが、

建物の配置が申請図書と違うとやり直しです。

とても重要な作業。

kiso (2)

土を掘り次は防湿シートを貼っていきます。

これで土からの湿気が床に入って来なくなります。

 

いつもは地鎮祭を行い、鎮め物をその場で貰うのですが、

今回は、お施主様自らが神社に足を運びお祈りをしてもらいました。

、、、、はっ!鎮め物!!

と、危うく忘れるところでしたが

間に合いました。

kiso (3)

というか基礎屋さんの仕事が早すぎる!

予定では防湿シートまだ先でしたが

スムーズ過ぎるほど工程が進んでいます。

kiso (4)

ちゃんと切った防湿シートはテープで貼り合わせ。

IMG_3244

土から出ている棒は捨てコンのレベル合わせのため。

基礎は、家の土台になるので、正確さが求められます。

弊社のお願いしている基礎屋さんは、

一般的な業者より単価が高いですが

その分いい仕事してくれます。

仕事柄しょうがないですが

よく他社と値段の比較をされます。

しかし、このようなことは、お客様には説明できません。

(まぁ僕が口ベタなせいもあるかもしれませんが)

値段では見えないものがあります。

kiso (5)

そして捨てコンを打ちます。

kiso (6)

その上に鉄筋を組んでいきます。

型枠も。

kiso (7)

ちゃんと図面通り施工できてるチェック!!

kiso (8)

そしてドキドキの配筋検査。

弊社は、建設性能評価を全物件、申請しているので

配筋、建方、断熱、完了の4回検査があります。

その4回とも第三者の検査機関がチェックをします。

kiso (9)

目視で。

kiso (10)

測って。

 

いつもなぜかドキドキします。

検査は無事合格。

これで次の行程に進めます。

kiso (11)

天気が悪いですがコンクリートの打設が予定通り出来るかな。。

晴れ男パワー発揮できるだろうか。。。

 

 

 

京田辺市S様邸リノベーション工事|打合せ

S__3260418

京田辺にてリノベーション工事の打合せ
今日は京田辺市にて
リノベーション工事を計画中のS様と打合せ。

見積もりを提出させていただきました。

打合せ途中、床下をのぞかせていただきました。
リノベーション工事は
現状で確認できるところと確認できないところがありまして
どうしても不確定なままなところが出てきてしまいます。

S様邸は床下は見れる状態とのことだったので
見させていただきました。

ここ見ておくと、
工事時に準備するものや
事前に考えられることが増えます。
床して見せていただき、
S様ありがとうございました。

 

 

お子さまと一緒に
僕らがのぞいていると
お施主さまのお子さまが一緒になって
床下をのぞいておりました。

考えてみると、
僕がお子さまと同じ年の頃には
お家の床下をのぞいたことなんてなかったな、と。

今日の打合せ中、
お庭で遊んでいたお子さまが縁側から
障子を開けて打合せしているリビングに走りこんできます。
外ではゴロゴロゴロゴロと空が鳴ってて、
雨が降ってきたようで
それで走りこんできたみたいなんですが、
なにか僕は、
その動きがとても羨ましなと感じていました。

 
家は一戸建てがいい
僕はこれまで何度か引っ越してきましたが
マンションばかりで
よく考えると庭で洗濯物を干したり
土をいじったり虫を採ったりしたこともないし、
床下をのぞいたりもしたこともありませんでした。

今日は、
家は一戸建てがいいなと、改めて思いました。

自らのまいた種ですが

3305A272-A8F2-44D0-8636-087F518B3444

物持ちは悪くない方だし、
物には愛着をもつ方だと思うんです。

ですが、先日
急いでトラックから降りようとしたところ
窓から落としてしまい、
さらに慌てて踏む、っていう……。

こんなの生まれて初めてで
割れた画面を見る度に自己嫌悪でした。

割れた画面を人に見られる度に、
ガサツだな、と思われてそうですし
さらには
そうなったいきさつを何度も説明して、
そして、自己嫌悪。

自らのまいた種ですが、
ようやくサラが手元に来ました。

ご迷惑おかけして、すみません。
ちゃんと、大切にします。

明日は、京田辺市で打合せ。
明後日からは、7/16の勉強会の準備します!

全4回家づくり勉強会



ご興味ある方はぜひ遊びにきてください!

神戸市須磨区リノベーション工事|ビフォーアフター報告3

BA

ビフォーアフター報告3
須磨区にて
リノベーション工事をさせていただいたT様邸は、
引っ越しも終わりすでにお施主さまが
新生活をスタートされております。

今日は、ビフォーアフターの第三弾です。

何度かブログでもご紹介させていただきましたが、
お施主さまのご要望は「でっかいワンルーム」。

 

 

ご要望の裏に隠されているもの
ただ、
お施主さまのお仕事柄もあり
お荷物も多く
それらを収納する場所も必要なわけでして、
「でっかいワンルーム」と言いつつも
それを実現するためには
ワンルーム以外のところで
問題を解決しないといけないわけです。

今回、ご報告させていただきたいビフォーアフターは
「収納」です。
IMG_7296 神戸市須磨区高峰様邸完成写真 (1)

お持ちの家具として、
大きなタンスが二つあり、
さらに衣服に靴などがあります。
ダンボールに詰められた荷物なんかもしまうという事で
タンスの寸法にあわせた枕棚とハンガーパイプとで
収納(ウォークインクローゼット)を計画しました。

枕棚は三方にまわして収納量を増やしております。
ショップラインは、おしゃれな照明をつけるためだけではなく
フックでもって帽子などを収納できるようにと
提案させていただきました。
神戸市須磨区高峰様邸完成写真 (2)

もろもろ問題があり実現できませんでしたが、
窓の下にも収納をと思っておりましたが
今回の工事では、ひとまずここまで。

暮らしながら、収納量や方法もかわっていきそうで楽しみです。

 

コンセプト実現のための収納
収納、と聞くと
お家の中でもメインにはならないようなイメージですが

コンセプトやご要望を実現するためには
今回の収納のように
それらを実現させるための機能も必要ですよね。

ラワンで仕上がったこの場所は、
お気に入りの場所のひとつです!

京都府大山崎S様邸新築工事|大工打合せ

京都府大山崎S様邸新築工事の大工打合せ

京都府大山崎S様邸新築工事
京都府大山崎では、
S様邸新築工事が進んでおります。

現場は現在、基礎工事中でして
台風が心配でしたが現場では
職人さんが元気に作業していただいてます!

数日後には検査なので、
現場の写真を早くブログで紹介したくて楽しみです。

 

誰かを思ってつくる料理
基礎工事と並行して、
先日大工さんと打合せさせていただきました。

お家の内容はもちろん、
工事が進んでバタバタしてしまうであろう時期のために
細かなところにも質問が及びます。

大工さんは図面上のこと以外にも聞いてきます。
例えば、お施主さまのこと、です。

通常、
お施主さまと大工さんが顔を合わせるのは
だいたい上棟式です。

担当者や、設計士、経理、現場監督などは
見学会や打合せ、地鎮祭なんかでお会いすることができますが
大工さんと顔を合わせるタイミングはなかなかなかったりします。

ですから、大工さんとの打合せ時に
大工さんからいただくお施主さまについての質問は
とても重要だと思うんです。

大工さんからみて、
まだ見ぬお施主さまに思いを馳せて家づくりを考えてくれるのは
本当にうれしいことだし有難いことです。

ちょっとでもいいものにしたい、という気持ちが
ビシビシ伝わってきます。

誰かを思ってつくる料理と、
ただつくった料理が同じ味なわけありませんからね。
大事なことです。

ダイシンビルドでは大工工事が始まる前に、
毎現場このようなやりとりがあります。
ここにたっぷり時間がとれる会社の体制も、
大工さんの心意気にも僕は本当に感謝しています。

 

 

「美味しい」「美味しくない」
僕としては、
現場だけではなくその現場が終わった後に
その大工さんにどの次の現場にはいってもらえるかと、
そのあたりも気にしながら打合せしています。

図面通りのお家ができても、
その中身は同じではありません。

同じレシピでも、
出来上がる料理は一緒じゃないですからね。
そこには、「美味しい」「美味しくない」、と
必ず、優劣がつきます。
※今日は料理のたとえが多い

お家づくりをさせてもらう工務店としては、
腕のいい大工さんや職人さんとは
その意味でも、
ずっと一緒にお仕事していきたいと思っています。

 

 

お知らせ
7/16の日曜日にお家づくり勉強会の第三弾・設計編を行ないます。
お家づくりを検討されている方、ぜひ遊びに来ませんか?

全4回家づくり勉強会


↑お申込みはこちらから!

7/16は家づくり勉強会!

庭づくりは家づくり町づくり

「庭のこと」
ここ数日、
久しぶりに脳みそがフル回転しておりまして
それにあやかって
昨晩遅く頭がフル回転しているうちに
7月16日に予定しております
家づくり勉強会にてお話しさせていただく
「庭のこと」をまとめてみました。

一気に、バ――― と書き出して
あとは、間をつないでいくと
だんだんとお伝えしたいことが見えてきました。

と、言うより
そもそも何を伝えたいのか、
伝えられるのか、
というところの方が
僕の中で大きかったかもしれません。

 

 

田瀬先生から教わったこと
これまでかかわらせていただいた
お施主さまとの家づくりや
いろんな形で触れてきた建築。
そして、
里山住宅博の街区工事を通じて田瀬先生から教わったことや
現場の職人さんから教えてもらったことなど、
そういうものを経て、
何を伝えられるのか。

思いついたことをそのまま書き出すと、
伝えたいことや気付いたことなんかもより整理されて
自分自身でも新たな発見があったりします。

 

家づくり勉強会!参加しませんか?
あとは、
言葉を探しながら形にしていきます。

7/16は緊張ですが、楽しみです!

お家づくりをお計画中のみなさん、
7/16の家づくり勉強(設計編)に遊びに来ませんか?

全4回家づくり勉強会



ここから申し込めます(*‘∀‘)

神戸市須磨区リノベーション工事|ビフォーアフター報告2

BA

今日は見積もり準備と図面作成
今日は、変な天気でしたね。
後日提出予定の見積りと図面作成をやっておりました。

今日のブログは、
先日お引渡しさせていただいた
須磨区のT様邸リノベーション工事の
ビフォーアフター報告その2、です!

 

ビフォーアフター報告その2
今回ご紹介したいのは、
リビングから玄関を介してみる洗面所です。

IMG_7265 IMG_0095

団地の一室のリノベーション工事なので、
壊していい部分と壊せないところとがあって
大幅に水回りの位置も変更できなかったりします。

その条件下で、
お施主さまのご要望をうかがいながら計画しました。

条件下、なんて言い方するとなんか窮屈な感じですけど、
きっと、条件がない環境で計画すると、
それはそれで難しいと思うんです。
なので、お施主さまとはその辺を楽しみながら打合せを重ねていきました。

 

ブルーのクロスで場所をつくる
ブルーのクロスは黒板クロスで、
キッズたちがラクガキできるようになっております。
床は土間なのでお掃除も楽ちんです。

大きなワンルームですが
この黒板クロスは玄関からは全く見えないので
入ったときとリビングにいる時の印象が変わります。

ワンルームでもいろんな場所をつくりたかったので、
お施主さまに提案させていただきました。

では、また続きは
ビフォーアフター報告その3、で
ご報告させていただきます!

フランスの庭師ジル・クレマン「動いている庭」

川西市N様邸の庭

大きなお庭のある川西市のN様邸
今日はメンテナンスで川西市へ。

川西市のN様邸には大きなお庭があって、
お施主さまがいろんな植物を育てています。

家づくりの計画の中にも、
その思いは入っていたみたいですが
お庭はいろんな意味で時間がかかります。

だから、
定期点検なんかでお邪魔させていただく度に変化する
N様邸のお庭はいつも僕の密かな楽しみです。

 

いつものイスから
作業が終わりお施主さまと話していると
話題が庭の話になって、
お施主さまがいつも座っているイスから
ずーっと窓の外を眺めてるんです。

それを見てて
あー、いっつもこうして眺めてるんやろうなあ
と、思って眺めてる先を見てみると
そこに立派な柿の木が、あるんですよ(写真の)

 

フランスの庭師ジル・クレマンのドキュメンタリー映画
そんなタイミングで
こないだ関西でやってる映画を調べていたら、
ずっと観たかった「動いている庭」を発見しまして、
ひとり大興奮、でした笑
フランスの庭師ジル・クレマンのドキュメンタリー映画です。
http://garden-in-movement.com/

この訳をされてる山内朋樹さんは、
昨年、熊本で里山住宅博の街区工事について話させてもらった際に
一緒に登壇させていただいて、いろんな話をさせてもらって
ずっと観たい、と思っていたんです!

今見たら、絶対に庭やアプローチの計画に
おもしろいエッセンスをもらえそうな気がしてます笑

 

 

暮らしの中で合ってくる
お施主さまには
柿の実のなり方や育つサイクル・育て方まで、
いろいろ教えていただいたんですが、
やっぱりお家とお施主さまのライフスタイルとが
合っているんだなと、感じました。

と、言うよりも
暮らしの中で合ってきたのかもしれませんが
お施主さまが笑ってくれているのは
なによりうれしいことです。

N様、ありがとうございました!

大阪市港区の現場での話

京田辺リノベーション工事の庭

港区の現場も過去のお施主さまからの依頼

今日は朝から、
昨日の城東区の現場に職人さんと現場調査と
新築工事の測量をしてきました。
ものすごい雨で、カッパ・長靴の完全防備です!

夕方に港区の現場に行かせていただいたんですが、
ここのお施主さまも
1年前にリノベーション工事を
弊社にお願いしていただいた方なんです。

 

 

ちゃんと見てもらっている実感

工事が終了しましたので
お施主さまに工事完了の報告とお借りしていたものを
返却しに仕事場にお邪魔させていただきました。

これまでも何度か
お邪魔させていただいてるお仕事場なんですが、
いつも僕との時間をしっかりとっていただいて
有り難いんです。

何が言いたいかというと、
だいたいの場合、お施主さまの仕事場に
報告やお借りしているものを返却するときって
用件だけ済ませてササッと終わることが多いと思うんです。

お施主さまもお仕事中だし、
僕も打合せとかではないので
長い時間いるとお邪魔かな、と。

でも、港区の現場のお施主さまは
いつもしっかり時間をとっていただいて
用件以外の話をしてくれます。

その話が、
仕事観や建築の話だったり、
商売の話だったりで、
目から鱗がいつも落ちまくり、なんです笑

 

 

“もってる人がもってない人に勝つ唯一の秘訣”

今日は、イチローを例に挙げて “センス” の話で
「もってる人」と、「もってない人」と、
その差を「努力」と「工夫」で埋めていくと思っていたんですが、
そうじゃない、なんて話をされていました。

僕の目線は、改めて狭いな、と感じながらも
こういう機会は、本当に有難いな、とも感じています。

明日は、川西市にメンテナンスです(‘◇’)ゞ
※写真はセンスをバリバリ感じる鉢植えの下の板です

大阪市城東区S様邸リノベーション工事|現調

城東区にて現調

大阪市城東区でリノベーション工事

今日は城東区に新しくはじまる
リノベーション工事の現場調査に行ってきました。

新しい、と言っても
実はここのお施主さま、
10年前に
一緒にお家づくりさせていただいたお施主さまなんです!

 

10年前のお施主さまからの工事依頼

先日は、
5年前にお引渡しさせていただいた京都市のお客さまに
アプローチとお庭のプラン依頼いただいて
今日は、
10年前にお引渡しさせていただいた城東区のお施主さまから
リノベーション工事と隣地の新築工事の依頼です。

ここ数ヶ月、
「はじめまして」のお施主さまと打合せさせていただくと同時に
「おひさしぶりです」のお施主さまも多くて驚いています。

工事中も、工事後もシッカリとお付き合いできていないと
「おひさしぶりです」なんてならないですもんね。

自分の会社のことなのに、
入社前にそういうお家づくりをしていたんだなと思うと
嬉しい限りです!

いま、ダイシンビルドで
お家づくりを担当させてもらってるのは僕なので
センパイ方に恥じないように
シッカリ良いところを引き継いでいきたいと思います!

 

有り難く楽しんでまいります

大山崎での新築工事も
まもなくスタートです。
同時に何現場動き出してますが
有り難く楽しんでまいります!