清水かおり

ベンサン

こんにちは。
スタッフの清水です。
11月に入り、紅葉も見頃ですね。

s-IMG_3785

我が家のベンサンです。
おしゃれなタッセルのない、シンプルな(ただの)便所サンダルです。
もう8年くらい使っています。
いいものは永く使えていいです。

バルコニーからは、小学校の運動場が見えます。
この時期になると運動会の練習の様子が見れます。
毎日練習に励んで、本番までをバルコニーから見届けた年がありました。
一番最後の演目は6年生による組体操で、終演後には拍手喝采でした。
小学校最後の舞台と思うと親御さんは胸が熱くなるだろうなと、わたしも泣きそうでした。

先日、鶴見緑地で「夢の家フェスティバル」が開催され弊社は大工体験コーナーを担当しました。
今年はコロナ感染対策として人数制限があったとはいえ、たくさんの来場者で賑わいました。
大工体験は意外にも、女の子の参加が多かったです。
最近は女性の現場監督などは見かけるようになりましたが、女性大工はまだ出会っていません。
大工体験をきっかけに、志しを持ってもらえる子供たちが増えるといいなと思います。

では、皆さん明日も健やかに!

ミナペルホネン

こんにちは。
スタッフの清水です。
先日は構造見学会、ご来場いただいた皆様ありがとうございました!

s-IMG_3449 s-IMG_3447

mina perhonen
皆川明さんのミナペルホネン。すごく素敵です。
5、6年前にセレクトショップで買ったバッグを持って出かけた先の店員さんに
バッグを指さし「ミナペルホネン、いいですよね!」と言われて、…へ?となりました。
皆川さんのことは知っていたけど、ミナペルホネンは知らなくてその時にはじめてつながりました。

写真はちょうどコロナの緊急事態宣言も解除され、他県への往来もできるようになったころに
友人と兵庫県立美術館で開催されている「つつぐ展」でのものです。
https://mina-tsuzuku.jp/
入場制限がかかっていたことで、ひとつひとつの展示をじっくりを観れてほんとうに良かったです。
皆川さんのデザインされるものは、自然体な感じで
有名なテキスタイルのタンバリン、規則正しく並んでいるようで実は刺繍のドットは間隔が不均一になっています。
ほかにも、草花や動物などをモチーフにしたものが多くて
また、遊びごころがあって、ほんとうに楽しく観覧できました。

ミナペルホネンを愛す人は世界中にいて、永くその一着を愛用されています。
永く愛着を持って着てもらえることを前提に、袖など生地が擦れて薄くなったときには
その中から違う色の生地が顔をだすという工夫をされていて、飽きさせず、ずっと楽しめるものになっていました。
どこまで素敵なんだ、皆川さん。

家も当然、永く過ごす場所なので
ずっと愛着をもって暮らしていただけるような家づくりを心がけたいと思います。

つづく展、兵庫県立美術館での開催は11月8日(日)が最終日です。
お時間あれば、是非皆さんも!(チケット要事前購入)

では、皆さん明日も健やかに!

ちぎり

こんにちは。
スタッフの清水です。
今日はあたたかくいいお天気で、穏やかな日でした。

s-IMG_3691

家で使っているコースターです。
リボンのようになっているのを「ちぎり」と言います。
6、7年前に滋賀の木工作家さんの工房にお邪魔した際におねだりしてもらいました。
ちぎりも、4つくらいもらって箸置きにしてます。
本来は無垢材の割れた部分に埋めて、それ以上割れが開かないようにするもののようですが
意匠的に埋めるのもかわいいです。

木工作家さんはなんでもつくれて羨ましいです。
冬の工房は耐え難い寒さでしたが、端材も含めて木がたくさんあって宝の山のようでわくわくしました。
わくわくは、製材所もします。
弊社では、奈良の吉野の木をよく使用しています。
吉野には製材所が多く一帯が杉とヒノキの香りして、散策するだけでもたのしいです。
吉野の町はとてもいい人が多くて、貯木まちあるきなどイベントも多いので是非皆さんも機会があれば行ってみてください。
わたしもまた行きたいです。

http://yoshinochoboku.com/

では、皆さん明日も健やかに!

構造見学会は今週末です!事前にご予約ください。