現場

長岡京市|S様邸新築工事|地鎮祭

長岡京市S様邸の地鎮祭

昨日は長岡京市で
新築工事を予定しているS様邸の地鎮祭でした。

今日のすごい天気とはうって変わって
ものすごいいい天気でした。
前日より雨がっぱを用意していたのですが
必要ありませんでした!

地鎮祭のあと、
お施主さまと工事の挨拶で近隣のお家をまわったんですが
すごく静かでいいところです。
特に部活帰り?のちびっ子が何人かとすれ違ったんですが
キチンと挨拶してくれて、
なんだか長岡京市をすきになりました。

お盆があけると
着工準備が加速していきます!

コンパクトハウスin京都府大山崎町

コンパクトだけど充実した空間に住む家。

今回の新築のおウチはそのような家。

 

崖対策による地盤改良工事も終わり

本格的に基礎工事です。

kiso (1)

建物位置を正確に、測っています。

「糸一本分右!」

細かいですが、

建物の配置が申請図書と違うとやり直しです。

とても重要な作業。

kiso (2)

土を掘り次は防湿シートを貼っていきます。

これで土からの湿気が床に入って来なくなります。

 

いつもは地鎮祭を行い、鎮め物をその場で貰うのですが、

今回は、お施主様自らが神社に足を運びお祈りをしてもらいました。

、、、、はっ!鎮め物!!

と、危うく忘れるところでしたが

間に合いました。

kiso (3)

というか基礎屋さんの仕事が早すぎる!

予定では防湿シートまだ先でしたが

スムーズ過ぎるほど工程が進んでいます。

kiso (4)

ちゃんと切った防湿シートはテープで貼り合わせ。

IMG_3244

土から出ている棒は捨てコンのレベル合わせのため。

基礎は、家の土台になるので、正確さが求められます。

弊社のお願いしている基礎屋さんは、

一般的な業者より単価が高いですが

その分いい仕事してくれます。

仕事柄しょうがないですが

よく他社と値段の比較をされます。

しかし、このようなことは、お客様には説明できません。

(まぁ僕が口ベタなせいもあるかもしれませんが)

値段では見えないものがあります。

kiso (5)

そして捨てコンを打ちます。

kiso (6)

その上に鉄筋を組んでいきます。

型枠も。

kiso (7)

ちゃんと図面通り施工できてるチェック!!

kiso (8)

そしてドキドキの配筋検査。

弊社は、建設性能評価を全物件、申請しているので

配筋、建方、断熱、完了の4回検査があります。

その4回とも第三者の検査機関がチェックをします。

kiso (9)

目視で。

kiso (10)

測って。

 

いつもなぜかドキドキします。

検査は無事合格。

これで次の行程に進めます。

kiso (11)

天気が悪いですがコンクリートの打設が予定通り出来るかな。。

晴れ男パワー発揮できるだろうか。。。

 

 

 

京都府大山崎S様邸新築工事|大工打合せ

京都府大山崎S様邸新築工事の大工打合せ

京都府大山崎S様邸新築工事
京都府大山崎では、
S様邸新築工事が進んでおります。

現場は現在、基礎工事中でして
台風が心配でしたが現場では
職人さんが元気に作業していただいてます!

数日後には検査なので、
現場の写真を早くブログで紹介したくて楽しみです。

 

誰かを思ってつくる料理
基礎工事と並行して、
先日大工さんと打合せさせていただきました。

お家の内容はもちろん、
工事が進んでバタバタしてしまうであろう時期のために
細かなところにも質問が及びます。

大工さんは図面上のこと以外にも聞いてきます。
例えば、お施主さまのこと、です。

通常、
お施主さまと大工さんが顔を合わせるのは
だいたい上棟式です。

担当者や、設計士、経理、現場監督などは
見学会や打合せ、地鎮祭なんかでお会いすることができますが
大工さんと顔を合わせるタイミングはなかなかなかったりします。

ですから、大工さんとの打合せ時に
大工さんからいただくお施主さまについての質問は
とても重要だと思うんです。

大工さんからみて、
まだ見ぬお施主さまに思いを馳せて家づくりを考えてくれるのは
本当にうれしいことだし有難いことです。

ちょっとでもいいものにしたい、という気持ちが
ビシビシ伝わってきます。

誰かを思ってつくる料理と、
ただつくった料理が同じ味なわけありませんからね。
大事なことです。

ダイシンビルドでは大工工事が始まる前に、
毎現場このようなやりとりがあります。
ここにたっぷり時間がとれる会社の体制も、
大工さんの心意気にも僕は本当に感謝しています。

 

 

「美味しい」「美味しくない」
僕としては、
現場だけではなくその現場が終わった後に
その大工さんにどの次の現場にはいってもらえるかと、
そのあたりも気にしながら打合せしています。

図面通りのお家ができても、
その中身は同じではありません。

同じレシピでも、
出来上がる料理は一緒じゃないですからね。
そこには、「美味しい」「美味しくない」、と
必ず、優劣がつきます。
※今日は料理のたとえが多い

お家づくりをさせてもらう工務店としては、
腕のいい大工さんや職人さんとは
その意味でも、
ずっと一緒にお仕事していきたいと思っています。

 

 

お知らせ
7/16の日曜日にお家づくり勉強会の第三弾・設計編を行ないます。
お家づくりを検討されている方、ぜひ遊びに来ませんか?

全4回家づくり勉強会


↑お申込みはこちらから!

雪の中での作業

IMG_1443

雪の中でも作業してくれる電気屋さん。

設計の僕は基本屋内での仕事ですが

雨でも雪でも仕事してくれる人がいるから

成り立つ仕事です。

お家を建てる工事には色々な人が絡んで来ます。

感謝ですね。