ちょっと、思っただけ

こんにちは。スタッフの森岡です。

私は中学生の時、陸上部に所属していて、年に一度駅伝に参加していました。
バトンを繋ぐという意味ではリレーと同じですが、駅伝の1区間は2、3kmあり、4人で繋ぐと10km程の距離を走り切る、という感覚がとても特別に感じて好きでした。

家づくりはどこか駅伝に似ていると感じています。
よーいどんで基礎屋さんが走りだし、大工さんにタスキが渡ると、そのタスキは屋根屋さん、水道屋さん、電気屋さん、外壁を貼ったり塗装する職人さんにも渡りながら、内装屋さんに渡ったところで大工さんはゴール、この辺りで、サイドレーンから外構屋さんが走りだし、最後、植栽屋さんがゴールテープを切ります。
順番は少し適当ですし、もっともっと一緒に走ってくれている職人さんはいるのですが、着工から完工までの流れが何となく長いリレーのようで、駅伝に似ていると感じるのです。
だから私たちはランナーが走りやすいような道を準備をする必要があります。あとは一緒に走ること、かなと思います。

「よーいどん」は、基礎屋さんが走り出すときですが、「位置について、」はお客様と打ち合わせが始まった時です。
長い長いみちですが、一緒に走りたいと思っています。2年目も宜しくお願い致します。

体力つけないと!

2573C033-24B1-466B-879B-FB82A879D4B6

春に向けて

こんにちは。スタッフの森岡です。

暖かくなってきましたね^ ^

今、事務所内は改装計画真っ只中です。

春から人が増えるのと、気分一転のため、机のレイアウトや家具、照明をちょっと変える予定なのです!その監修を私がさせて頂いています…

もし、お客様目線でも「ここはこうしたら?」というご意見があれば教えて頂きたいです。

(あのベンチはお尻痛いよ、とか😂)

気づけば3月中旬、春が近づいています。
5952C854-169A-46B8-9287-7CBBD6CBD276

 

ヒント

こんにちは。スタッフの森岡です。

川田の家は工事が進み、今は外構の打ち合わせをしています。

図面を見ながらうーーんっと頭を抱えているとき、

自分が過去に撮った写真にヒントをもらうことに気づきます。

その時は「きれいだなあ」という感覚で収めているだけなのですが、

実際に形にする立場になると気づくことがありました。

色んな場所に訪れて自分の「いいな」を集めること、これは忘れちゃだめですね。

AFE897DF-A1F4-4348-B870-12890499D2C9

夢の家を終えて

こんにちは。スタッフの森岡です。

少し前ですが、今年も夢の家フェスティバルが開催されました。

私も今年で2回目の参加でした。

お越しいただいた方、ありがとうございました!

ダイシンビルドは大工さん体験のブースで、今年は子供たちはいすづくりにチャレンジしました!

子供たちにとって十分な成果物だけど、難しすぎず、作ることを楽しんでくれていたようでよかったです。

今年は大工さんの提案でいすに決まったのですが、来年はどうしようか。

何かいい案があればください。

タイトルなし

 

空気の流れ 現場確認

こんにちは。スタッフの森岡です。

先日は下中条の家へ。

代表と現場打ち合わせに訪れました。

9FA044CD-9EB4-4365-B9E3-5BD80E4780C0こちらは平家建のお家で、夏用のエアコンを小屋裏に設置します。なので、一階にどのように空気を落とすか、現場で設計士、監督を含め再確認しました。

机上で解決すること、現場で解決すること、問題の解き方は工夫が必要だと思いました。

バトン、受けとりました

こんにちは。スタッフの森岡です。

先日は川田の家に。AB228F9C-071F-48A0-8BA1-AA668AB58555

焼杉の搬入、初日打ち合わせに同行しました。

去年の研修旅行で、焼杉の製作現場を見せて頂いたので、これにて製作、搬入、施工の工程を見ることができました。

作り手の顔を知っているために荷受けに対してぐっとくるものがありました。

浜松の職人さんへ

「無事届きましたー!」

そして、大工さんへ

「宜しくお願いします。」

見学会を終えて

こんにちは。スタッフの森岡です。
先日は両替町の家の完成見学会でした。人数制限、感染対策をしつつ無事終えることができました。

私も接客させて頂きましたが、ダイシンビルドのお客さんは皆さんとても勉強されている方が多いので、ドキドキしますし、私の方が勉強させて頂くことが多々あります。

案内の中で、お客さんから「杉一等材」のグレードについて質問を頂きました。

そもそも「一等材」とは化粧の木材の等級を表す言葉のひとつです。
「一等材」という名称ですが、グレードは1番低く、大小の節がたくさんあります。グレードが低いというより、一本の木から取れる量が1番多い部分なので、コストも抑えられますし、良い言い方を探すのが難しいですが、「1番杉の木らしい材」だと思います。ダイシンビルドの床材ではよく杉一等材を使います。

BAECC861-0954-4365-A487-01893B9672CAまたその上が「小節」と呼ばれ、小さな節がややあるものです。その上が「上小節」と呼ばれ、ほとんど節がなく、天井の羽目板にはよくこちらを使います。A5DCF04B-887F-4BD5-99CE-182191F9269E

さらにその上は「無節」と、節の有無で化粧材は等級が決められています。

清水代表はお客さんと話すのが何より勉強になる、と仰いますが、その通りだなあと今回の見学会を通して実感しました。
お越しいただいた方、ありがとうございました。

屋根の上から

こんにちは。スタッフの森岡です。
先日は中十条の家の現場へ。中間検査でした。

中間検査では、お家を支える構造を検査するのですが、これからどんどんボードが貼られて見えなくなってしまうため、後戻りできない大切な工程です。

阪神淡路大震災で多くの建物が倒壊したことをきっかけに導入され必須の検査となりました。 88D668A0-3C2B-486C-9A04-6F47D868F67A
そんなこの日は、ルーフィングを終えた屋根に登りました。このお家は平家ですが、それでも足がすくみました。風が強い日なんか想像したら、、、

板金屋さん、すごい。今度会ったら伝えようと思います。

ゴムゴムの木

こんにちは。スタッフの森岡です。
「グリーン欲しい!」

と、このストーリーをみて衝動的に思いました。

植物は好きなのですが、なかなか手が出せずにいました。

しかし、この写真が私を後押ししてくれました。

なので、来週あたり私の家に緑が届きます。(即買いです。)

購入したのはゴムの木です。観葉植物は初めてなので楽しみだ~~

また報告します!

907E5BBC-4272-4F14-9094-CC380FFF348A

撮影:夜の部

こんにちは。スタッフの森岡です。

youtube撮影の裏側、勝手に公開です。

この日も社長は朝からユーチューバーとして大活躍です。

今回の撮影は廣瀬現場監督です。

「城山台の家」もうすぐアップされると思いますので、よろしくお願いします。

お楽しみに〜!
E24ECDD8-1C22-4FFE-B9E3-E32A7ABB4051